みずほ銀行カードローンは無職でも借りれる?!

金融機関のカードローンの審査に通るために大切なこと

お金がない…今すぐお金が必要だ…!と言うときには金融機関が行っているカードローンを利用すれば、最短で数時間でお金を借り入れすることが可能となります。
しかし、これはあくまで審査に可決した人しかお金を手にすることができません。金融機関はあくまで商売として利用者にお金を貸し出ししています。もちろんボランティアではないので、借り入れしたお金にはもちろん利息がかかりますし、貸し出す人間性もしっかりと調べなければいけません。
そういった上で、カードローンの申し込みをした人の人間性やこれまでの借り入れした履歴などをしっかりと調べる必要があります。

金融機関でカードローンの申し込み等をした場合「審査」があるのはこういった理由から来ています。
もちろん、過去に金融系のトラブルを起こしていたり、借金を踏み倒していたり、返済に延滞があったり…などといったことを頻繁に繰り返している人は、その人の社会的信用がかなり低くなってしまいます。そういった人が新たにカードローンの申し込みをしても、審査に落とされる可能性が高い為、借入先をきっちりと調べなければいけません。

また金融機関は年齢や年収、住居の居住年数、過去の金融機関からの融資の状況…などといったことをトータルした属性を調べ、「この人に貸し出ししてもリスクは低い…」と判断した相手にだけお金を貸出します。
ですから、普段の生活において家賃を滞納してしまったり、車のローンを延滞したり、公共料金を支払わなかったり…などといった行為を繰り返していると、属性がどんどん低下してしまい、審査に落とされる原因となります。
もちろんお金がない…というのは生活する上で非常に厳しいことです。しかし、金融機関もあくまで仕事として利用者にお金を貸し出ししています。貸しても帰ってこないような相手には貸さない…これがカードローンの根本にあります。
ですからお金を貸す価値がない人にはかせない…と言うことになります。
少々厳しい話かもしれませんが、いつお金を借りてもおかしくない…と言う方は、常日頃の支払い等の期日をきっちりと守りながら生活しなければいけません。
人として…と言う部分がだらしない人には、金融機関は決してお金を貸してくれませんのでご注意ください。

無職ではキャッシングは利用できないのか

基本的にどこのキャッシング会社にも、申し込むと審査があります。その審査においては、無職ですと非常に不利になってしまいます。しかし非常に不利というのは、決して不可能ということではありません。
一例を挙げると、たとえ無職でも年金をもらって暮らしているようなお年寄りならば、キャッシングの審査に通る可能性はあると考えられます。もちろん必ず審査に通るわけではありません。消費者金融にこのパターンが多いですが一部のキャッシングでは年金による収入では融資を行えないと明記しています。それに年金暮らしでは、たとえ審査には通っても、融資枠も比較的少な目になってしまうのは間違いありません。
いずれにしても、無職だから必ず審査に落ちてしまうと決まっているわけではありません。ただ、審査に落ちてしまう可能性はとても高くなってしまう傾向があるとは言えます。

無職の主婦がキャッシングを利用する方法

無職の主婦は金融機関からお金を借りるのは非常に困難です。ただし比較的審査が易しいキャッシング会社なら、条件次第では借りられる可能性はあります。たとえば結婚して会社を辞めてしまった主婦の場合でも、結婚後、毎月パート収入などがあれば審査に通る可能性はあります。
つまり、たとえ正社員ではなくなってしまっても、パートやアルバイトなどで定収がありさえすれば、主婦でもキャッシングの利用は可能だと言えるのです。
また、たとえパートやアルバイトさえしていないような無収入の主婦であっても、もしも夫の全面的な協力があるのなら、キャッシングの利用は可能です。それは即ち、定収のある夫に連帯保証人になってもらえるようなら、キャッシングの利用は十分に可能だという意味です。

PAGETOP